京都きものレンタルマニュアル

京都で着物をレンタルする際のマナー

画像

京都に観光に行き、レンタル着物を着て古の都を練り歩きたいと答える人も多いでしょう。

浴衣を着て京都の川床で食事をしたり、着物を着て御茶屋遊びをしたり、
呉服姿で京都の世界遺産の前でポーズをとり記念撮影するのも非常に素敵なことです。

京都の町並みは古き良きものが沢山残っています。
現代的な中にも古都を感じさせる作りを忘れていません。

 

ですから、着物がどの街角にも大変よく似合うのです。

また時々すれ違う舞妓さんや地元の方の素敵な着物の着こなが映えます。
若い人でも最近は呉服をレンタルし、着用する姿を頻繁に見るようになりました。

アンティークの着物がブームとなったのもその要因かもしれませんが着物への思いを掻き立てるではありませんか。
京都ほど着物の似合う街はないかもしれません。それほどまでに京都の風景は着物に合うのです。

 

また、京都は着物に優しい街でもあります。 着物を着用しているとサービスを受けられたり、
着物を着ると特典があるようなときがあります。


着物に縁がある街ならではの取り組みといえます。
こうしたことが着物を京都の人にとって身近なものにしているのではないでしょうか。


若い人にも着物が身近なものになったようです。

しかし呉服を借りる際に、マナーをしっかり守り、気持ちよく観光したいものです。

banner


十代や二十代の女性は、普段着物を着る機会がなく、なかなか着用した際の所作やマナーを知らないものです。
座敷で食事をする際に膝にハンカチやナフキンを敷かずに食事するので、
借りた呉服に食べこぼしをしたりするのです。


また普段洋服で歩く感覚で大股で歩いてしまって、着崩れたり、
裾に足が引っかかって転倒し呉服を汚してしまったりするのです。

 

ですから、着物レンタルには保険に入っている場合も多いものです。


そのため補償は問題ありませんが、貴重で高価な呉服を汚してしまっては、
その呉服は二度と誰も着られなくなってしまうのです。
ですから、着物レンタルには保険に入っている場合も多いものです。


貸し衣装と言えども、中にはアンティークの貴重な呉服も含まれているので、
後に着る人のことも考慮して、丁重に扱うことが大事なのです。


せっかく着物という素敵な装いをしているのですから、振る舞いやマナーも
着物によく似合う、エレガントで奥ゆかしいものにしたいですね。

 

着物は女性らしく見せてくれるもの。
だからこそ、美しい所作や立ち居振る舞いが引き立つのです。


それが、さらりと自然にできる女性って素敵ですよね。
このようなことは知っていて、できて損はありません。
だからこそ身につけていたいものです。

 

 

 

 

化粧品「IPSコスメティックス」!!

なかなかいい感じやけれど、もうちょっと使ってみないとわからない。
http://ipscosmeticsfun.seesaa.net/

 

IPSコスメティックスLOVE!!

http://ipscosmeticslove.blog.fc2.com/